放射線科

ご挨拶

放射線科は、画像診断、放射線治療、IVR(Interventional Radiology)の三本の柱を担う専⾨科集団です。内科、外科を問わず様々な臨床科と連携して、診断から治療まで幅広い領域で活躍しています。特に地域中核病院である当院では多くの患者さんの多様な疾患に対して診断・治療に関わっています。画像診断では、CT、MRIを中⼼とした断層画像の読影を⾏うと同時に、様々な特殊検査、核医学やPET-CTなどの読影を⾏っています。放射線治療では、乳癌などの標準的な治療に加え、より⾼度で専⾨性の⾼いIMRTを⽤いた照射にも積極的に取り組んでいます。IVRでは肝細胞癌などに対する経カテーテル治療や、X線透視下の穿刺ドレナージ、治療、カテーテル留置術など多彩な⼿技を⾏っています。当院の放射線科医師は、直接臨床に必要な情報や治療法を提供することに尽⼒し、臨床他科の先⽣⽅とともにワンチームとして診療に当たるよう志⾼く努⼒しています。

部長髙濱 潤⼦

研修の特徴

当院の中核病院としての位置づけから、急性疾患から悪性腫瘍などの幅広い疾患に対する診断、治療に関わることができます。⽇常的な疾患はもちろん、⽐較的まれな疾患の画像診断とその治療(放射線治療やIVR)を経験できます。当院放射線科の特徴として、画像診断医、放射線治療医、IVR医というそれぞれ専⾨性の⾼い診療を⾏うことのできる⼈員がバランス良く配置されていることで、初期研修の希望者には本⼈の希望を取り⼊れつつ、広く浅く学ぶだけでなく、より専⾨性の⾼い領域を重点的に学ぶことも可能となっています。また、各科とのカンファレンスやコンサルテーションを通して、「⽣きた」画像診断・治療を習得してもらいたいと考えています。スタッフ皆、前向きで親しみやすく教育熱⼼であり、初期研修医に対しては、放射線科を志す研修医だけでなく、むしろ他科を希望している先⽣⽅にとっても将来役⽴つ研修内容となると確信しています。また、専攻医の受け⼊れに関しては奈良県⽴医科⼤学を基幹病院とした修練施設として協⼒関係にあります。⼤学病院と密な連携を持って、⽇進⽉歩の医療界において最先端の情報にも精通する研修が受けられるように体制を整えています。

概要・実績

在職医師

部長 髙濱 潤⼦ -⽇本医学放射線学会 放射線診断専⾨医
-⽇本医学放射線学会 研修指導医
-⽇本核医学会 核医学専⾨医
-⽇本核医学会 PET核医学認定医
-臨床研修指導医
副部長 森本 賢吾 -⽇本医学放射線学会 放射線診断専⾨医
-⽇本医学放射線学会 研修指導医
-⽇本IVR学会 専⾨医
副部長 井上 正義 -⽇本医学放射線学会 放射線治療専⾨医
-⽇本医学放射線学会 研修指導医
-精中機構健診マンモグラフィ読影認定医師
主任医長 下⽥ 絵美⼦ -⽇本医学放射線学会 放射線治療専⾨医
-⽇本医学放射線学会 研修指導医
主任医長 芳賀 真代 -⽇本医学放射線学会 放射線診断専⾨医
-精中機構健診マンモグラフィ読影認定医師
-⽇本医学放射線学会 研修指導医
専攻医 ⻑岡 明宏
専攻医 國近 瑛樹

症例数

CT (MDCT 2台) 2039件/⽉
MRI(3T, 1.5T) 575件/⽉
核医学検査 54件/⽉
FDG-PET/CT 24件/⽉
放射線治療 26件/⽉
IMRT 11件/⽉
IVR 19件/⽉

(2018年実績)

学会・研究発表

学会
  • - 第79回⽇本医学放射線学会総会 (4⽉3⽇〜5⽇)
  • - 第56回⽇本医学放射線学会秋季臨床⼤会 (9⽉25⽇〜27⽇)
  • - 第48回⽇本磁気共鳴医学会 (9⽉11⽇〜13⽇)
  • - 第58回⽇本癌治療学会学術集会 (10⽉22⽇〜24⽇)
  • - 第49回⽇本IVR学会総会 (5⽉28⽇〜30⽇)
研究発表
  • - ⽇本画像医学会 「粘液性腫瘍ー婦⼈科領域の画像所⾒を中⼼に」
  • - ⽇本放射線学会総会 「Ruptured cystic lesion: the pathology and radiologic imaging feature」
  • - RSNA(北⽶放射線学会)「Role of CT, MRI and PET-CT in Staging of Gynecological Malignancies」
  • - The 2nd Ineternational Cancer Reseach Symposium of Training Plan for Oncology Professionals 「Para-caval and caudate lobe hepatocellular carcinoma treated with combination of selective 」chemoembolization and stereotactic body radiotherapy
  • - 14th Annual Scientific Meeting of APSCVIR 「Combined trans-arterial chemotherapy and radiotherapy for advanced hepatocellular carcinoma with portal vein tumor thrombosis」