産婦人科

ご挨拶

現在、専攻医1名を含む常勤医師8名体制で診療を⾏っています。当科は中河内地区の地域周産期センターであるとともに産婦⼈科診療相互援助システム(OGCS)参加施設として近隣の施設より糖尿病・⾼⾎圧などをはじめ様々な合併症を有する症例や社会的要因を含む多くのハイリスク妊婦の⺟体搬送を受け⼊れるとともに、⼦宮外妊娠や卵巣出⾎など急性腹症を招来する婦⼈科疾患症例の受け⼊れも⾏っています。また、がん拠点病院として⼦宮がん・卵巣がんに対する分⼦標的薬を含む集学的治療を⾏うとともに、良性腫瘍に対しては⼦宮鏡を含めた低侵襲内視鏡⼿術を⾏っています。サブスペシャリティとして⼥性医学や東洋医学の指導医・専⾨医取得を⽬指している医師もいるので、当院は産婦⼈科領域全般に亘って研修できる施設であると思います。

副院長奥 正孝

研修の特徴

奈良県⽴医科⼤学産婦⼈科の連携施設として2年間の研修プログラムに従い、周産期・腫瘍・⼥性医学に関する知識・技術を研修します。現在の⼿術件数は現在年間450件程度ですが(帝王切開を含む)、2020年度よりの⼿術枠の拡⼤に伴い内視鏡⼿術件数の増加・ロボット⼿術の導⼊などを予定しています。毎週⽉曜⽇に⼩児科との周産期医療に関する合同カンファレンスと放射線科との⼿術症例を中⼼とした画像カンファレンスを⾏っています。

基本的研修⽬標:General Instructional Objectives

  1. 急性期医療を担う施設であることより、⼥性特有の疾患による救急医療に関する研修を⾏います。具体的には急性腹症を招来する産婦⼈科疾患である⼦宮外妊娠・卵巣出⾎・⾻盤腹膜炎・卵巣腫瘍茎捻転を的確に鑑別し初期治療を⾏うための研修を⾏います。
  2. ⼥性特有のプライマリケアの研修。思春期・性成熟期・更年期・⽼年期における⽣理的・⾁体的・精神的変化を理解するとともに、それらの失調に起因する諸々の疾患に関する系統的診断と治療を研修します。
  3. 妊産褥婦ならびに新⽣児の医療に必要な基本的知識を研修するともに、育児に必要な⺟性とその育成を学習します。さらに、バックグラウンドの異なる様々なハイリスク妊婦に関する個別の管理と分娩時期・分娩様式の最適化を研修します。

このように当院での研修が終わった時点で、日本皮膚科学会専門医の受験資格に必要な症例を経験し、知識と診療技術を十分に習得していただくことができると考えます。

1年⽬
内診・超⾳波検査・胎児⼼拍モニタリングを正しく⾏える。正常分娩の取り扱い・通常の帝王切開・腹式単純⼦宮全摘術・腹腔鏡下⼿術ができる。上級医の指導のもとで患者・家族からのICがとれるようになる。

2年⽬
妊婦健診および婦⼈科の⼀般外来ができる。異常妊娠・異常分娩を判別して帝王切開の適応を⼀⼈で判断できるようになる。前置胎盤症例など特殊な症例の帝王切開や悪性腫瘍⼿術の助⼿ができるようになる。

概要・実績

在職医師

副院長 奥 正孝 -日本産科婦人科学会 専門医・指導医
-日本女性医学会 暫定指導医
-新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
-奈良県立医科大学 非常勤講師
-大阪産婦人科医会 評議員
-日本平滑筋学会 評議員
-専門分野:内分泌・腫瘍・東洋医学
部長 古川 直人 -日本産科婦人科学会 専門医・指導医
-日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍 専門医・指導医
-日本臨床細胞学会 細胞診専門医
-女性医学学会 専門医
-産婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
-日本内視鏡外科学会 技術認定医
副部⻑ 宇⼭ 圭⼦ -⽇本産科婦⼈科学会 専⾨医
-専⾨分野:⼥性外来
副部⻑ 前原 将男 -⽇本産科婦⼈科学会 専⾨医
-専⾨分野:腹腔鏡
副部⻑ 中⻄ 隆司 -⽇本産科婦⼈科学会 専⾨医
-専⾨分野:腹腔鏡
主任医⻑ 斎藤 仁美 -⽇本産科婦⼈科学会 専⾨医・指導医
-専⾨分野:東洋医学
主任医⻑ ⼩川 恵 -⽇本産科婦⼈科学会 専⾨医
専攻医 赤坂 往倫範

症例数

分娩総数 573例(うちハイリスク妊婦 117例)
経腟分娩数 367例
帝王切開術数 (1日平均)7.9人
婦⼈科⼿術 232件
悪性腫瘍⼿術(境界悪性を含む)
⼦宮頸部上⽪内病変 46例
浸潤⼦宮頸癌 11例
⼦宮内膜増殖症 3例
⼦宮体がん 15例
卵巣がん 24例
外陰癌 1例
良性腫瘍⼿術
⼦宮全摘術 開腹46例 腹腔鏡8例
⼦宮筋腫核出術 開腹15例 腹腔鏡7例
付属器腫瘍⼿術 開腹29例 腹腔鏡33例
異所性妊娠⼿術 開腹10例 腹腔鏡2例

(2018年実績)

論文・研究発表

論文
  • - 原著 斎藤仁美,⼤佐賀智1),宇⼭圭⼦,前原将男,中⻄隆司,明⽯貴⼦,⼩川恵,奥正孝,中⽥英之2),萩原圭祐2):産婦⼈科領域における治打撲⼀⽅の効果検討、産婦⼈科 漢⽅研究のあゆみ 2019;36:44-49.
    名古屋市⽴⼤学病院臨床研究⽀援センター1) ,⼤阪⼤学⼤学院医学研究科先進融合医学共同研究講座2)
  • - 症例報告 奥正孝,宇⼭圭⼦,前原将男,中⻄隆司,明⽯貴⼦,斎藤仁美,⼩川恵:漢⽅薬が奏功した⼦宮頸管妊娠が疑われた1症例、産婦⼈科 漢⽅研究のあゆみ 2019;36:94-98.
和文論文
  • - 奥正孝,宇⼭圭⼦,前原将男,中⻄隆司,明⽯貴⼦,斎藤仁美,⼩川恵:駆瘀⾎剤投与により保存的に経過観察した⾼度卵巣出⾎の1症例 第39回産婦⼈科漢⽅研究会学術集会(2019年9⽉1⽇)
  • - 斎藤仁美,⼤佐賀智1),宇⼭圭⼦,前原将男,中⻄隆司,明⽯貴⼦,⼩川恵,奥正孝,中⽥英之2),萩原圭祐2):帝王切開術後の腹部症状に対する桃核承気湯の臨床効果の検討(2019年9⽉1⽇)
    名古屋市⽴⼤学病院臨床研究⽀援センター1) ,⼤阪⼤学⼤学院医学研究科先進融合医学共同研究講座2)