消化器外科

ご挨拶

「モノづくりのまち 東⼤阪」にある、当科のモットーは「ひとづくりの消化器外科」です。外科医師である前に、まずは⼀社会⼈としてしっかり周りと連携が取れる、チームワークが保つことができるような消化器外科医になってほしいと思っています。消化器外科の醍醐味は、診断し、治療⽅針を決め、⾃ら⼿術を⾏い、その後の臨床経過を担当し、時には緩和医療をも担当することもあることです。その過程で、消化器内科や放射線科、臨床腫瘍科など様々な診療科や、看護部、薬剤部、栄養科などメディカルスタッフとも連携を取りながら、最適な医療を考え、実践しています。専攻医の皆さんも、当科では重要な役割を担ってもらっています。様々なテーマごとに責任者として担当してもらい、早期より、⾃ら考え実⾏してもらうようにしております.学術活動(学会発表や論⽂作成)や⼿術⼿技コンテストなどにも、指導医とともに積極的に参加してもらい、バランスのとれた消化器外科医になってもらいたいと思っています。

部長池永 雅⼀

研修の特徴

当科は⼤阪⼤学消化器外科の関連施設ですので、⼤阪⼤学の研修プログラムに沿った研修となります。対象疾患は、悪性腫瘍を中⼼として、上部消化管、下部消化管、肝胆膵の広く全般的に及びます。各疾患の指導医、専⾨医とともにペアを組んで担当してもらいます。腹腔鏡⼿術をはじめ、ロボット⼿術も⾏っており、低侵襲⼿術を積極的に⾏っています。⼀⽅で、悪性疾患の緊急⼿術や、進⾏症例もあり、従来の開腹⼿術も⾏っております。また、地域中核病院としての特性上、⿏径ヘルニアや⾍垂炎、胆嚢炎、消化管穿孔、腸閉塞などの良性疾患の治療も⾏っています。 消化器外科⼿術の登⻯⾨と考えられている⾍垂炎、胆嚢炎、消化管穿孔などの(緊急)⼿術症例では、術者として担当してもらっています。もちろん指導医のサポートは常にあります。消化器外科専攻医は各学年1-2⼈が在籍し、⼩児外科、乳腺外科、呼吸器外科の専攻医も併せて、外科専攻医として毎朝の外科カンファレンスに参加してもらっています。時には、消化器外科以外の⼿術応援もありますので、様々な⼿術を⾒ること、経験することが可能です。また、学術活動も⼤変積極的に⾏っています。先輩医師の熱い指導の下、全国規模学会にも制限なく、参加発表していただいていますし、論⽂執筆もサポートしています。毎年、学会の優秀演題賞の受賞もしています。2年間の当科在籍で、消化器外科専⾨医試験への資格は⼗分にクリアできています。⼿術⼿技に関しても、腹腔鏡⼿技の縫合コンテストや、真⽪縫合コンテストなどでは常に上位⼊賞しています。院内当直業務も毎⽉数回は担当してもらっていますが、翌⽇は勤務なしのローテイションを組んでいます。「やってみなはれ」の精神で、積極的な専攻医のやる気に沿うようなアドバイスや、⽅向修正を⾏いつつ、いい研修ができるように指導医⼀同、皆さんと⼀緒に働くことを楽しみにしています。

概要・実績

在職医師

副院長 ⼭⽥ 晃正 -日本外科学会 認定医・専門医・指導医
-日本消化器外科学会 認定医・専門医・指導医
-日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
-日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医
-日本肝臓学会 専門医・指導医
-日本胆道学会 指導医
-日本膵臓学会 指導医
-日本消化器病学会 専門医・指導医
-日本外科感染症学会 ICD・外科周術期感染管理教育医
-日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
-日本がん治療認定機構 がん治療認定医
-外国医師臨床修練指導医
-医療安全管理者
-「明日の医療の質向上をリードする医師養成プログラム」修了
-認定医療対話推進者
-大阪大学医学部 臨床准教授
-兵庫医科大学 臨床教育教授
-日本消化器外科学会 評議員
-日本肝胆膵外科学会 評議員
-日本外科感染症学会 評議員
-日本肝癌研究会 幹事
-近畿外科学会 評議員
部⻑ 池永 雅⼀ -日本外科学会 認定医・専門医・指導医
-日本消化器外科学会 認定医・専門医・指導医
-日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
-日本消化器病学会 専門医・指導医
-日本大腸肛門病学会 専門医・指導医
-日本消化器内視鏡学会 認定医・専門医・指導医
-日本消化管学会 胃腸科認定医・専門医・暫定指導医
-日本腹部救急医学会 腹部救急認定医・暫定教育医
-日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
-日本がん治療認定機構 がん治療認定医
-日本内視鏡外科学会 技術認定(大腸)
-da Vinci サージカルシステム認定資格
-日本がん治療認定機構 がん治療認定医
-兵庫医科大学 臨床教育教授
-日本消化器外科学会 評議員
-日本大腸肛門病学会 評議員
-日本消化管学会 評議員
-日本臨床外科学会 評議員
-日本腹部救急医学会 評議員
-日本消化器病学会 近畿支部 評議員
-近畿外科学会 評議員
副部長 松⼭ 仁 -日本外科学会 専門医・指導医
-日本消化器外科学会 専門医・指導医
-日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
-日本消化器病学会 専門医・指導医
-日本食道学会 食道科認定医
-日本がん治療認定機構 がん治療認定医
-日本静脈経腸栄養学会 認定医
-日本胃癌学会 代議員
-日本食道学会 評議員
-日本静脈経腸栄養学会 学術評議員・代議員
副部長 谷田 司 -日本外科学会 専門医
-日本消化器外科学会 専門医
-日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
-日本がん治療認定機構 がん治療認定医
-日本内視鏡外科学会 技術認定(大腸)
-da Vinci サージカルシステム認定資格
主任医長 中島 慎介 -⽇本外科学会 専⾨医
-⽇本消化器外科学会 専⾨医
-⽇本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
-⽇本肝胆膵外科学会 評議員
-近畿外科学会 評議員
主任医⻑ 上⽥ 正射 -⽇本外科学会 専⾨医
-⽇本消化器外科学会 専⾨医
-⽇本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
-⽇本がん治療認定機構 がん治療認定医
主任医⻑ 津⽥ 雄⼆郎 -⽇本外科学会 専⾨医
-⽇本消化器外科学会 専⾨医
-⽇本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
-⽇本がん治療認定機構 がん治療認定医
-医療安全管理者
-⼤阪DMAT
医長 高 正浩 -⽇本外科学会 専⾨医
-⽇本がん治療認定機構 がん治療認定医

症例数

⾷道癌 6例(治療全体44例)
胃癌 74例(腹腔鏡⼿術:33例)
⼤腸癌 146例(腹腔鏡⼿術:87例,ロボット⼿術14例)
肝臓癌 8例
転移性肝癌 16例
胆道癌 15例
膵臓癌 17例
⼗⼆指腸癌 2例
⾍垂炎 61例
⿏径ヘルニア 94例
胆道疾患 94例

(2019年実績)

研究発表

研究発表(専攻医が発表)
  • - 第55回⽇本腹部救急医学会総会(仙台)
  • - 第31回⽇本肝胆膵外科学会学術集会(⾼松)
  • - 第44回⽇本外科系連合学会学術総会(⾦沢)
  • - 第50回⽇本膵臓学会⼤会(東京)
  • - 第74回⽇本消化器外科学会総会(東京)
  • - 第74回⽇本⼤腸肛⾨病学会学術集会(東京)
  • - 第81回⽇本臨床外科学会総会(⾼知)
  • - 第34回⽇本外科感染症学会総会学術集会(岐⾩)
  • - 第44回⽇本外科系連合学会学術集会 最優秀演題賞(研修医部⾨)
  • - 第74回⽇本⼤腸肛⾨病学会学術集会 優秀演題賞(専攻医セッション)
研究発表(専攻医、研修医が発表)
  • - ⽇本腹部救急医学会雑誌 39(1):33-37, 2019
  • - ⽇本外科系連合学会会誌 44(1):38-42, 2019
  • - ⽇本外科系連合学会会誌 44(1):77-81, 2019
  • - ⽇本腹部救急医学会雑誌 39(3):545-548, 2019
  • - ⽇本外科系連合学会会誌 44(2):250-255, 2019
  • - ⽇本消化器外科学会雑誌 52(4):220-226, 2019
  • - ⽇本外科系連合学会会誌 44(4):721-726, 2019
  • - ⽇本外科系連合学会会誌 44(4):680-686, 2019
  • - ⽇本外科系連合学会会誌 44(5):1004-1009, 2019
  • - ⽇本外科系連合学会会誌 44(6):1098-1103, 2019