循環器内科

ご挨拶

⼼疾患は⾼齢化社会を迎えるとともに、患者数は年々増加しています。⼀⽅で、循環器の治療は⽇々進歩しており⼼臓だけでなく全⾝の⾎管に対するカテーテル治療や弁膜症に対してもカテーテル治療が⾏われる時代となっています。また、⼼エコーやCT、MRI、シンチグラムなどのイメージングの分野や不整脈に対するカテーテルアブレーションの進歩もめざましいものがあります。⼼臓⾎管外科もできさらに治療の幅が広がりました。市⽴東⼤阪医療センター循環器内科では、可能な限り当院で治療を完結することを⽬標にメンバー全員で協⼒して⽇々がんばっています。チームワークはよく和気あいあいと⽇々診療をしています。循環器に興味がある⽅、⼥性医師、体⼒に不安のある⽅も働き⽅には柔軟に対応していますのでぜひ⼀度⾒学に来てください。お待ちしております。

部長市川 稔

研修の特徴

循環器内科では、虚⾎性⼼疾患(狭⼼症、⼼筋梗塞)、⼼不全(弁膜症、⼼筋症)、不整脈、静脈⾎栓症などを研修することが可能です。IABP、PCPSなどの補助循環も使⽤可能ですのであらゆる状況に対応可能です。⼤きな柱として⾎管内治療、⼼不全、不整脈の3本柱を中⼼に治療を組み合わせ治療⽅針を決定していきます。初期研修医、専攻医の間にほぼすべての⼿技などは⾝につけるように指導していきます。初期研修医の間から可能な限り学会発表なども推進します。⾎管内イメージングは特に専⾨的に⾏っており、⾎管内視鏡に関しては多くの報告をしています。指導体制は⼗分にできております。循環器救急はもちろん慢性期に関しても医師会やかかりつけ医との地域連携(⼼不全パス、静脈⾎栓症パス)にも⼒を⼊れていますので幅広く研修が可能です。

概要・実績

在職医師

診療統括部⻑ 鷹野 讓 -⽇本⼼臓病学会 特別正会員(FJCC)
-⽇本内科学会 総合内科専⾨医
-⽇本循環器学会 循環器専⾨医
-⽇本超⾳波医学会 超⾳波専⾨医・指導医
-⽇本⼼⾎管インターベーション治療学会 名誉専⾨医
-臨床研修指導医
⼼臓センター⻑(部⻑) 市川 稔 -⽇本内科学会 認定医・指導医
-⽇本循環器学会 循環器専⾨医
-⽇本⼼⾎管インターベンション治療学会 ⼼⾎管カテーテル治療専⾨医・施設指導医
-浅大腿動脈ステントグラフト実施医
-⽇本⼼臓⾎管内視鏡学会 専⾨医・理事
副部⻑ 髙⽊ 崇 -⽇本内科学会 認定医
-⽇本循環器学会 循環器専⾨医
副部⻑ 酒井 拓 -⽇本内科学会 認定医
主任医⻑ ⽯津 宜丸 -⽇本内科学会 認定医
-⽇本循環器学会 循環器専⾨医
主任医⻑ 吉⽥ 聡 -⽇本内科学会 認定医
-⽇本循環器学会 循環器専⾨医
医長 李 京美 -⽇本内科学会 認定医
医長 本池 悠 -日本内科学会 認定医

症例数

経⽪的冠動脈インターベンション 321件
下肢インターベンション 28件
カテーテルアブレーション 106件
ペースメーカー植え込み、交換 61件
IABP 23件
PCPS 7件

(2019年実績)

学会

  • - ヨーロッパ⼼臓病学会
  • - ⽇本⼼⾎管インターベンション治療学会総会
  • - TOPIC
  • - ⽇本循環器学会地⽅会
  • - ⽇本⼼臓⾎管内視鏡学会総会
  • - 豊橋ライブ

(2019年実績)